脱毛をした時に生じる痛みには違いがある!?

現在主流の脱毛方法は2種類

現在主流となっている脱毛方法はエステサロンなどで行われているフラッシュ脱毛とクリニックで行われている医療レーザー脱毛の2種類があります。どちらもメラニン色素に反応する光やレーザーを照射し、毛母細胞にダメージを与えることで毛を生えなくするという脱毛方法です。フラッシュ脱毛よりも医療レーザー脱毛の方が脱毛効果は高いですが、脱毛を受ける際の痛みも個人差はあるものの、医療レーザー脱毛の方が強いと言われています。しかし、同じ脱毛方法であっても施術する場所によって感じる痛みに大きく差があるのをご存知でしょうか。男性と女性でも違いがあるので確認してみましょう。

女性が痛みを感じやすい部位

女性の脱毛で痛みを感じやすい部位はVIOです。下半身のデリケートゾーンであるVIOはワキや腕などと比べて皮膚の色が黒かったり、毛が濃い傾向にあります。フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛はメラニン色素に反応光を照射するため、こういった部位は痛みが強く出やすいのです。人によって痛みの強さに耐えられず、脱毛を諦めてしまったり医療レーザー脱毛の場合は麻酔を使用するケースもあるほどです。

男性が痛みを感じやすい部位

男性の脱毛で痛みを感じやすい部位は女性同様VIOと、ヒゲの特に鼻の下部分です。VIOが痛みを感じやすいのは女性同様皮膚の色や毛の濃さに影響されるものですが、顔は腕や足などと比べると皮膚が薄いのでヒゲ脱毛は痛みが出やすいのです。特に鼻の下は皮膚が薄いだけではなく、神経が多く集まっているためより痛みが生じやすくなっています。

夏はモチロンのこと、冬でも実は足を見られる機会は多く、ストッキング越しやロングブーツを脱いだ時など脚の脱毛は気を抜くことが出来ません。