一本でも多くの歯を残すなら!根管治療が評判のクリニック

歯を失うデメリットを知る

虫歯の悪化などが原因で歯を失うことは若い世代でも珍しくありません。歯を失うデメリットとしては、まず永久歯は再生しないということがあげられます。そのままでは見た目も悪くなりますし、抜けたままで放置していると向い側の歯が伸びてくるなど歯並びにも悪い影響が出てきます。歯を失った場合はインプラントや入れ歯といった治療で対応することが多くなっていますが、治療内容によっては多くの費用も発生しますし、周囲の歯に負担が掛かることもあります。歯を大きく削った場合でもやはり抜かずに残しておきたいところです。虫歯が神経にまで及んだ場合は根管をしっかりと消毒し、きれいにしておく必要があります。

根管治療が得意な歯科医院

虫歯が悪化して神経にまで細菌感染してしまうと、その部分の神経を取り除く治療が行われます。このときに細菌に感染した部分を取り切れないと、将来歯を失ってしまうリスクも高まります。それゆえ、神経を取り除いたあとは、根管を無菌化してきれいにする治療が行われます。根管治療では、歯髄の完全な除去を行い、その後に根管をきれいにして取り除いた神経のかわりに薬を詰めていきます。肉眼では見えない部分もありますが、そのような場合はマイクロスコープを使うことで、見えない部分もしっかりと確認でき、より質の高い治療が行えます。根管治療を成功させるには、歯科医師の技術力の高さはもちろん、設備の良さも重要となります。治療を行う前には各クリニックが導入している設備も確認しておきましょう。

根管治療とは歯科で行われる歯の神経部分の治療のことを指します。歯の神経に入った細菌を除去するため、神経を抜く作業などがこれに含まれます。